製品出荷前に帯鋸盤にて、長さ変更切断を行った後、船舶や陸送便にて顧客のもとへ出荷されます。​
鋼種やサイズ、長さ等、どれか一つでも不適合な出荷がなされた場合、用途外の工事等に使用され
耐震、耐荷性能に致命的な構造物が建築される事態に発展します。
我々が手掛けた製品が、多種多様な建築物などに生まれ変わるという想像力と、顧客の元へ安心・安全な
製品を送り出す砦であることを常に考えながら、要所の確認を大切に業務にあたっています。

​ー誰もが安心できる製品を出荷する-

我々の職場は殆どが10年選手の少数精鋭で各業務を分担し、互いの
業務をチェックしながら、不適合防止に努めています。
超重量物の運搬、はい付けが主な業務の一つとなっており、危険に対する
感受性を高め、常に緊張感をもって作業に当たらせています。
切断する製品は規程許容長を考慮し、罫書き後に帯鋸盤にセット
されます。切断後、製品の顔となるラベルを作成、複数のチェックを
経て、製品が出荷されます
製品に見合った適切な吊り具にて玉掛、切断ラインへクレーンにて
運搬されます。
切断前、切断後は長さの確認、さらに切断面の直角度の精度を確認
します。
圧延管理部 条鋼鋸場班 班長 廣石 俊一
(1997年4月1日 入社) 第一種衛生管理者