​ー高品質な鉄づくりの最前線をサポートー

​最先端テクノロジーで新たな鉄の時代を切り拓く製鐵の現場。
東京製鐵株式会社九州工場の協力会社として昭和49年の創業以来、当社は長年にわたって、
製鐵メーカーにおいて主原料の搬入から製鋼及び圧延ライン、製品管理の支援、メンテナンスまで
様々な鉄づくりに携わってきました。
高品質・低コストの製品群を効率よく、且つ安全に生み出すために、製鐵現場への要求は年々厳しく
なっています。当社では、これまで培ってきた技術とノウハウ、豊富な経験をもとに、多様なニーズに
​対応しながら、より高品質な鉄づくりの一翼を担っていきたいと考えています。

​原料・副原料処理

東鐵事業部 所長 岡原 孝志
(2001年6月1日 入社) 第一種衛生管理者
東鐵事業部 圧延管理部 作業長 入江 浩司
(2002年9月2日 入社) 第一種衛生管理者
常石スティール事業部 事業部長 野中 隆男
(2002年3月1日 入社) 主任計量者
東鐵事業部 業務部 作業長 鬼塚 志信
(2001年9月1日 入社) 第一種衛生管理者

​下記各ボタンをクリックして現場紹介をご覧下さい。

​ー製鋼・圧延ラインの幅広いニーズに対応ー

​原料である鉄スクラップの荷卸しから配合、電気炉搬入、製錬、鋳造、圧延まで、製鐵ラインのさまざまな
シーンで当社の「人」と「技術」が活躍しています。
特に数値では判断、表現できず、技術者の感覚や技量に頼らなければならない部分では、当社の豊富な
経験とノウハウを発揮。国内外の幅広い需要に応えながら、常に高品質の製品群を送り続けるお手伝いを
しています。

​下記各ボタンをクリックして現場紹介をご覧下さい。