​品質管理を行い、お客様へ安心して使用していただける製品を届けます。
生産された製品を、鋼種に合わせた機械試験を実施する為、試験部位を製品から切り出し、
鋸切、マシニング加工機、旋盤、フライス加工機、放電加工機を使い試験片の加工を行います。
準備が出来た試験片を、JISの手順に沿って試験を進め、​全ての試験に合格した製品を、
お客様の元へ届ける為、出荷準備のデータ登録管理作業を行います。

​ー機械試験を通じ、厳格な品質チェックを実施-

圧延管理部 管理班 班長 坂本 和親
(2006年11月22日 入社)
​私の職場は、20~40代で平均年齢が34歳と、若いスタッフです。
出来上がった製品の試験を行い、お客様の元へ届けるといった
非常に重要な部署になります。
​また、試験結果などを通じて製品分析を行い、品質の更なる向上を
目指しています。
機械試験、データ管理作業では女性も活躍しています。安全な職場、
より良い品質を目指し職場全員で力を合わせて頑張っています。
マシニング加工
主に引張試験片を加工しています。
試験結果登録
各試験をクリアした製品のデータを管理する作業です。
​このデータを元に、製品出荷許可が出ます。
試験片採取作業
​試験片採取部位より、ガス切断、プラズマ切断を行い採取します。
フライス加工
主に衝撃試験片、サンプル厚さ調整の加工を行います。